日本には英会話学校がすごくいっぱいあります。

昔は駅前留学なんてことが流行した時もありました。

今でも英会話学校に通う人は多いと思います。


私たちは日本に住んでいますので、学校教育で中学校・高校で6年間は英語の勉強をしています。


しかし、ほとんどの人が英語を自由に話すことができません。



その理由はご存知のように、日本の学校の英語の授業は受験のための勉強であって、英会話の上達の為にはプログラムされていない為です。せっかく勉強をしたのに、実にもったいないです。


最近になって学校教育も見直されてきて、英会話を授業に取り入れるようになってますし、幼稚園や保育園でも英語の授業を行ったりするところもありますので、昔と比べるとずいぶんと変わってきました。


でも、もうすでに学校教育も終わってしまってる人は、これから英語が必要になった場合、やはり英会話教室に通わないといけません。しかし、教室に通う時間が無かったり、授業料が高かったりと、いろいろな難しい面があります。最近になって、注目を浴びている新しいタイプの英会話学校があります。


それは、インターネットを使った学校です。英語の先生とは、スカイプを使ってオンラインで繋がっていて、会社から帰ってきた後の自分の好きな時間に授業を受けることができます。



先生の多くは、フィリピンの学生がアルバイトでやっています。
なぜフィリピンなのかと疑問に思うでしょう。
それは、フィリピンの母国語はタガログ語が主流ですが、80ぐらいの多くの言語があるので公用語に英語を使っているのです。そのため、学識のあるフィリピン人は英語が話せるのです。

そこの目をつけた企業が、フィリピンの学生の英会話の先生のアルバイトを頼んでいるのです。


フィリピン人には親日家が多く、やさしい性格なので、日本人には相性がいいそうです。

また、日本語を学びたいと言う学生のニーズにも合っているようです。



そして、もう1つの要因は、人件費が安くすむことです。



実際に生の英語に触れることで、上達は早くなりますのでお勧めです。




http://www.suzuka-iu.ac.jp/subject/kokusai-4.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%8D%94%E4%BC%9A
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/1029/550686.htm?g=08